飛行機で旅したい

JGCやSFCの修行の体験談や飛行機での旅行の事を書いていきます。

2019年JALダイヤモンド修行プーケットからシンガポール経由で帰国茨城へ

弾丸でシンガポールからプーケットへ最終日。

お昼を食べてチェックアウト。

ホテルのフロントでシンガポールから羽田までのオンラインチェックイン済の搭乗券をプリントアウトしてもらいました。ホテルのメールアドレスにPDFを送信して印刷してもらいました。

道端でタクシーを拾います。空港まで1000バーツ。少し高め。

10人乗りハイエースでしたので仕方ないか。

始めトゥクトゥクで行くとタクシーの客引きが言っておりましたがお断り。さすがに空港まで1時間トゥクトゥクはしんどい。

 

2月3日よりタイの主要空港では全面禁煙となったらしい。

プーケット空港では出発ロビーを出て1番右に

こんなところが。

喫煙所です。

f:id:minokasagokun:20190301235808j:image

以前はこの緑の塀で囲まれてただけでしたけど専用の小屋ができておりました。
f:id:minokasagokun:20190301235802j:image

制限エリアの喫煙所は閉鎖されておりました。

 

スクートのチェックイン開始時間は飛行機のサイズによるらしく、A320だと2時間半前から。787だと3時間前から。

今回はA320なので2時間半前からです。

皆さん早めに並んでます。

預け入れ荷物も別料金ですが皆さん大きなスーツケースで来ております。

預け入れ荷物がないのは弾丸の自分達くらいです。預け入れがないのでチェックインも自分達は素早く終了。

出国手続きを終え、保安検査は全身スキャン。

なんなく通過してロビーで搭乗を待ちます。

スクートは沖止め。

定刻に出発です。

シンガポールまでは1時間半程。復路もカップヌードルの匂いで機内は充満しておりました。

 

シンガポール到着。まずは空港WiFiのパスワードを取得。

パソコンが並んでる場所があちこちにありパスポートをかざすとパスワードが表示されます。

f:id:minokasagokun:20190302001507j:image

スクートからJALに乗り継ぎです。

到着は第2ターミナル。JALは第1ターミナル。

まずはスカイトレインで第1ターミナルへ移動。Transferカウンターへ。

ここでシンガポールまでのスクートの搭乗券とホテルで印刷してもらった搭乗券とパスポートを提出。

羽田までと羽田から那覇までの搭乗券を発券してくれました。

一度入国しないで済みました。

JAL搭乗なので今回はラウンジが使えます。

皆さんご存知dnataです。

f:id:minokasagokun:20190302002107j:image

今回はカンタス航空のラウンジへ。

夜12時までです。

f:id:minokasagokun:20190302002252j:image
f:id:minokasagokun:20190302002245j:image
f:id:minokasagokun:20190302002242j:image
広々していてヌードルバーもあり快適です。

シャワーもあります。

12時で終了なのでこの後はdnataへ。

ここは満席でした💦

コーヒー1杯だけいただき搭乗口へ。

チャンギ空港は搭乗口で保安検査です。1時間前から開始。

f:id:minokasagokun:20190302002722j:image

早く眠りたいので優先搭乗でさっさと機内へ。

座席は3K。スカイスイートIII。前方座席で静かです。往路は10Kでしたのでエンジンの真横でしたので777のエンジン音がなかなかうるさかったです。

おやすみ前の軽食も頂かずに眠ってしまいました。

到着2時間前に起こしていただき朝食です。

飛行機は既に沖縄本島上空でした。

定刻の午前9時50分に羽田に到着。次の那覇行きまで1時間です。WiFiを返して、国内線乗り継ぎへ。保安検査を再び受けてバスにて国内線ターミナルへ。

ダイヤモンドプレミアラウンジでおにぎりと味噌汁をいただき那覇行きに搭乗します。

座席は15K。767のバルクヘッドです。

那覇到着後は1時間半の乗り継ぎでスカイマークで茨城に帰ります。

那覇空港スカイマークのゲートは新設された建物で真新しかったです。

f:id:minokasagokun:20190304205736j:image

約2時間半で茨城空港に到着。

ほぼ満席でした。

午後6時です。

茨城空港はボーディングブリッジはなく飛行機から歩いてターミナルへ。

こんなライトアップされた道を通ります。

f:id:minokasagokun:20190304205812j:image

こじんまりした荷物受け取り場

f:id:minokasagokun:20190304205753j:image

茨城空港に4日間停めた車で帰宅します。

駐車場は何日停めても無料。

茨城空港からは15分で家につきます。

 

JGCプレミアも今月で終わりです。4月からはサファイアです。5月には再びプレミアからダイヤモンドに返り咲く予定ですが。

 

 

 

 

 

2019年JALダイヤモンド修行ちょっと寄り道プーケットで海水浴

JALダイヤモンド修行のシンガポール修行で寄り道でプーケットにやってきてます。

シンガポールから1泊の弾丸です!

シンガポールへ帰るフライトは18時55分プーケット発のスクートです。

朝からほぼ1日プーケットでフリーです。

f:id:minokasagokun:20190226182457j:image

チェックアウトを14時までにしてもらい、遠足へ。

ホテルの目の前のビーチにロングテールボートが並んでます。

f:id:minokasagokun:20190226182608j:image

海水浴の準備してビーチに出ていくとボートに乗らないか?ってセールスしてきます。

行き先と料金を確認します。

行き先はパトンビーチから20分程離れた「フリーダムビーチ」というところらしいです。

料金は往復貸切で2人で1500バーツ。行ってみることに。

f:id:minokasagokun:20190226183115j:image

f:id:minokasagokun:20190226184943j:image
f:id:minokasagokun:20190226183057j:image
f:id:minokasagokun:20190226183053j:image
f:id:minokasagokun:20190226183111j:image
f:id:minokasagokun:20190226183120j:image
f:id:minokasagokun:20190226183102j:image
f:id:minokasagokun:20190226183125j:image

パトンビーチと比べて水の色が全然違います!

魚もたくさんいます。

白い砂でサラサラ。

ビーチには売店とレストランが1件のみ

トイレもちゃんと水洗であります。

喫煙所もあります。

日本人ゼロでした。

朝8時半ころ出発して、お迎えのボートは11時にお願いしました。ボートに番号がふってあって、その同じボートが迎えにきます。

10時を過ぎると続々とボートが到着して海水浴客が上陸してきます。

早めに行って木陰の場所をキープするのがいいです。一応パラソル禁止って看板出てたので。

f:id:minokasagokun:20190226184100j:image

ビーチで食べ物は禁止ってなってました。飲み物はいいみたいです。

魚がたくさんいますのでスノーケリングセットを持って行くと楽しめます!ビーチにはレンタルは無いです。

以前はビーチベッドのレンタルなどあったみたいですが現在はないです。自身で敷物など持って行ったほうがよいです。

このビーチ陸路からも行けるらしいですが険しい道を歩くみたいです。以前は陸路では入場料を200バーツ取られたらしいです。

去年この入場料を取ってた2人組が逮捕されたニュースがありました。勝手に入場料取ってたとか。

 

11時になりました。自分達が乗って来たボートが新たビーチへの客を乗せて来ます。時間ピッタリに来ました。

料金はパトンビーチに帰ってきてから船を降りて後払い。

 

ボートの発着が今回泊まったホテルの目の前です。部屋にすぐ帰れシャワーを浴びてゆっくり帰りの支度ができます。

楽しい遠足でした。

 

お昼はカオマンガイを食べに

mama's kitchenというお店に。

メニューが豊富です。

f:id:minokasagokun:20190226190144j:image
f:id:minokasagokun:20190226190148j:image

イカスムージー旨い!
f:id:minokasagokun:20190226190156j:image
f:id:minokasagokun:20190226190152j:image

次回は帰国編です。

 

2019年 JALダイヤモンド修行 ちょっと寄り道シンガポールからプーケットへ

JALのダイヤモンド修行の一環としてOKAーSINでシンガポールへやってきました。

春節の飾りがまだ残ってます。

今年は猪年。こちらではブタ年??

f:id:minokasagokun:20190221192739j:image

チャンギでスクートに乗り換えプーケットへ。

乗り継ぎ方法は前回のブログを参照してください。

 

minokasagokun.hatenablog.com

 

f:id:minokasagokun:20190221193218j:image
f:id:minokasagokun:20190221193222j:image

プーケットまでは1時間半ほどです。

LCCなので飲み物も有料です。意外と皆さん購入してました。カップヌードルを注文してる方も多かったです。

機内はカップヌードルの匂いで充満💦

プーケットでは沖止めです。
f:id:minokasagokun:20190221193214j:image

シンガポールからプーケットのスクート往復ですが早い時期に購入すれば往復1万円を切る値段で出ておりました。

私は出発の2日前に購入したので2万円ほどかかってしまいましたが。

座席指定も別料金で7シンガポールドルほどかかりました。もちろん指定しなければ追加はかかりません。

機内持ち込みは10キロまで無料です。小さいスーツケースならOKです。

f:id:minokasagokun:20190221195040j:image

プーケットに到着です。このビーチ⛱自由に入れるのでここで飛行機の着陸がみれます。

セントマーチンばりの迫力だそうです。

次回時間がある時是非訪れます!

 

プーケット到着後はタクシーでホテルへ向かいます。

税関を出たら左に進みます。突き当たりに出口があるので出たら右へ進んでください。

タクシーカウンターがあります。

そこで目的地と人数を告げてタクシーチケットを購入します。

ホテルのあるパトンビーチまでは乗用車タイプで800バーツです。ボラれることはありません。約1時間ほどかかります。

今回のホテルは

The Bliss Hotel South Beach Patongです。

オンシーズンでも1泊12000円/室(税込み)でした。朝食付き。

部屋もプールアクセスをアサインしていただきました。

f:id:minokasagokun:20190221200741j:image

f:id:minokasagokun:20190221202427j:image
f:id:minokasagokun:20190221202422j:image
f:id:minokasagokun:20190221200745j:image

ビーチまでは30秒です。

f:id:minokasagokun:20190221200831j:image

パトンビーチの南端に位置しております。

バングラ通りまでは歩いて10分程です。

f:id:minokasagokun:20190221201111j:image

ジャンセイロンショッピングセンターまでも徒歩10分くらいです。

昼食は前回も行ったバイレイというカオマンガイのお店へ行きました。

70バーツ!

f:id:minokasagokun:20190221210006j:image

パトンビーチを散策しながらホテルへ戻ります。

f:id:minokasagokun:20190221202134j:image
f:id:minokasagokun:20190221202130j:image
f:id:minokasagokun:20190221202215j:image

屋台もいろいろ出ております。
f:id:minokasagokun:20190221202124j:image

ホテルでひと休みしてからマッサージへ

「Lemone」というお店へパトンビーチのメイン通りをぷらぷら歩いていて少し通りを入ったところに飛び込みで入ってみました。

タイでのマッサージ店は怪しいサービスを勧めてくるお店も多いので見極めて入らないとイヤな思いをしますので気をつけて。

このお店は当たりです。次々にお客さんが入ってきます。

日本人の女性客も次々と来ておりました。

フットマッサージ 1時間250バーツ

ヘッド&ショルダーマッサージ1時間250バーツ

両方やってもらい2時間で500バーツ。安いですね。

夕食はパトンビーチ沿いのバーンライマイホテルのタイフード&イタリアンレストランへ。

f:id:minokasagokun:20190221211632j:image

 

滞在したホテルの前のビーチにはロングテールボートがたくさんおりました。

明日はシンガポールへ戻るのですがフライトは19時です。チェックアウトを14時にしていただき、ロングテールボートで遠足に行ってみます。

f:id:minokasagokun:20190221211855j:image

乾季のプーケットは晴れの日が多いです。リゾートに最高。

 

 

シンガポール チャンギ国際空港でJALからスクートへ乗り継ぎ

茨城発シンガポール修行で羽田を JAL35便にて0時05分にシンガポールへ出発しました。

座席はスカイスイートIII 狭いけどフルフラットで寛げます。

f:id:minokasagokun:20190218194052j:image
f:id:minokasagokun:20190218194047j:image

深夜便なので軽い食事をしてぐっすり眠れました。

到着2時間前に食事がでます。

f:id:minokasagokun:20190218194343j:image

シンガポール到着は6時40分ころでした。

今回はシンガポール旅行と考えておりましたがシンガポールはあまり天気もよくなく、もう何回も来ているので天気の良いリゾートに行きたくプーケット弾丸旅行にしてみました。

シンガポールからプーケットまではLCCのスクートです。日本でネットで簡単に予約できます。プーケットまで往復2万円程です。シンガポール航空などで行くと往復5万程度しますのでさすがLCCですね。

シンガポールからプーケットは1時間半程です。時差も1時間あり、お昼過ぎにはプーケットに到着できます。

 

ここでJALからスクートに乗り継がなければなりません。事前にネットやブログなど調べても皆さん1度入国してスクートのチェックインカウンターでチェックインして再び出国するしか手がなさそうです。

インフォメーションカウンターでスクートに乗り継ぎたいと申しても1度入国して!って言われました。

出発前にラウンジで印刷した搭乗券を見せてもインフォメーションカウンターでは1度入国してでした。

プーケット行きのスクートまで4時間くらいあったので入国しても良かったのですが…

次にトランスファーカウンターへ行ってみました。そこで JALからスクートに乗り継ぎたい旨を、預入荷物が無いことを告げると。ラウンジで印刷してきた搭乗券にバリデーションの印鑑を押して乗り継ぎオッケー👌となりました。

これで入国せずにスクートに乗り継げます。

 

オンラインチェックインをして搭乗券を印刷していること。

スクートはシンガポール発、日本発などはオンラインチェックインができます。出発地によって出来る出来ないがあります。

預入荷物が無いことが条件みたいです。

 

タバコを吸う方はシンガポールは入国時にタバコは1本から課税されます。入国しないで済むとなるとチャンギは喫煙所があちこちにありますので助かりますね。プーケットのあるタイはタバコは200本まで持ち込み可能ですが、タイの空港では全面的な禁煙になったニュースがありましたね。

 

チャンギはとてつもなく広くターミナル間の移動はスカイトレインになります。

JALは第1ターミナル到着。

スクートは第2ターミナルです。

とりあえずはスクートのターミナルに移動してからトランスファーカウンターへ行きました。

 

フードコートで食事です。

肉骨茶。旨いです。

f:id:minokasagokun:20190218202835j:image

先日、2000FOPプレゼントキャンペーンで作ったJAL Global WALLETで支払いしてみました。

キャンペーンの条件である国際線に乗って海外で使用する条件を達成できました。

 

 

 

 

2019年JALダイヤモンド修行第2弾茨城からシンガポールへ

2019年はFOP2倍キャンペーンを活用してダイヤモンド修行を敢行しております。

先月の石垣、那覇修行で初回搭乗ボーナスも併せて5万FOPを超えました。

f:id:minokasagokun:20190211082347j:image

minokasagokun.hatenablog.com

 

2倍設定月は先月1月と5月に予定しております。

今月は仕事の都合で4連休が取れたので修行を兼ねてどこか海外へと思案しておりました。結局料金とFOPの割りの良さで、王道のOKA-SINにしてしまいました。

1泊4日の弾丸です。

今回は修行も兼ねてますがちょっと変則的な旅になります。

最近、仕事で茨城にいることが多く、今回は茨城空港初利用でスカイマーク那覇へ。

f:id:minokasagokun:20190214185140j:image

f:id:minokasagokun:20190214185203j:image

スカイマークの茨城那覇線はコーヒーとキットカットのサービスが。

f:id:minokasagokun:20190214185234j:image

茨城空港自衛隊百里基地と併用されており戦闘機の離発着が見れます。

駐車場は何日停めても無料でお得です。

 

那覇からはJALで羽田乗り継ぎのシンガポールへ行きます。

プレエコで予約しておりまして片道18000マイルでビジネスに往復アップグレートしました。

後日片道3000マイルのバックがあります。

 

茨城から那覇は少し遠く離陸してまずは日立方面に直進します。

その後北茨城あたりで左に旋回し栃木へ、その後群馬、長野と通過し、名古屋から海へ出ます。

f:id:minokasagokun:20190217183534p:image

3時間20分程で那覇に到着です。

一度那覇空港で出てJALにチェックインします。羽田までの国内線と羽田からシンガポールへの国際線のチェックインを済ませ搭乗券を受け取ります。今回はリュックひとつだったので受託手荷物はありませんでした。那覇空港で受託手荷物がある場合、カウンター前でX線検査をしておりましたがここでは検査しなくなっておりそのままカウンターへ預けられるようになったみたいです。

当日はバレンタインデー。機内でチョコのプレゼントがありました。

f:id:minokasagokun:20190217185529j:image

19時に羽田に戻ってきました。次の出発までは約5時間あります。

連絡バスにて国際線ターミナルへ。

手荷物検査場は長蛇の列です。ステータスのプライオリティレーンはガラガラ。待ち時間無しで通過でき、出国も顔認証ゲートで一瞬です。

そのままJALファーストクラスラウンジへ。

f:id:minokasagokun:20190217205736j:image

バレンタインデーといこともありここでもチョコをいただきます。
f:id:minokasagokun:20190217205730j:image
f:id:minokasagokun:20190217205742j:image

鉄板焼きはハンバーグです。
f:id:minokasagokun:20190217205726j:image

シャワーも待ち時間無しで借りれました。

f:id:minokasagokun:20190217205916j:image

スニーカーでしたがJOHN LOBBの靴磨きまでしていたたきました。

f:id:minokasagokun:20190217211456j:image

スニーカーの靴磨きを依頼される方も多いそうです。

磨いていただいている間、スリッパを貸していただけるのですが、そのスリッパの履き心地がふかふかで良いです!あまりの心地よさに靴を引き取るの忘れてそのまま飛行機へ行ってしまう方もいるとか。

ラウンジではこのあとシンガポールからスクートに乗る予定がありましたのでオンラインチェックインをして搭乗券をプリントしたく、プリンターをお借りしました。

プリンターの指定されたアドレスに搭乗券のファイルを添付してメールを送ると1分以内にプリンターから印刷されて出てきます。

スクートへの乗り継ぎはこのプリントされた搭乗券が重要になってきます。その乗り継ぎの模様は次回書いていきます。

 

 

 

2019年JALダイヤモンド修行前半戦

1月はFOP2倍キャンペーンで国内線修行してきました。

羽田から石垣島往復その足で那覇往復を1セットとしてそれを3セット飛んで来ました。

2セット目と3セット目の間は1週間でしたが羽田のダイヤモンドプレミアラウンジのレイアウトが変わっておりました。3月まで工事が続くようですね。

沖縄は暖かいですね。誤って下にヒートテックのシャツを着て行ってしまって苦しみました💦

パーカーだけで十分でした。

f:id:minokasagokun:20190127082723j:image

平日に飛んだのですが何人も同じ方をお見掛けしましたのでしかもダイヤモンドかJGCプレミアを持っている方ばかり。皆さん2倍キャンペーンを1月に設定してステータス維持の修行をしているんですね。

中国の方々の修行されてる方も多く見受けられました。数人のグループで行動されておりました。ワンワールドのエメラルド狙いですかね?

JALの国内線は他のワンワールドの航空会社よりステータスを取りやすいのでしょうか。

 

2セット目は

往路石垣島へは先得Jクラス

FOP2倍で4160FOP

復路は普通席

FOP2倍で3672FOP

f:id:minokasagokun:20190127103047j:image

 

那覇往復はJクラス 

トータル14520FOP

55160円

単価3.8円

 

3セット目は

羽田石垣島往復普通席

那覇往路は普通席でしたが朝イチの争奪戦でJクラスにアップグレートに成功

FOP2倍で3344FOP

羽田那覇往復Jクラス

14032FOP

 

3セットトータルで

f:id:minokasagokun:20190127170255p:image

こんな感じ。

あと7416FOPでサファイアです。

2月上旬には初回搭乗FOPプレゼントで5000FOP入ります。2018年はJGCプレミアでしたので更に3000FOP追加。

サファイア確定です。

 

2月にはプレエコで沖縄ーシンガポールー沖縄も入れております。往復ともマイルでビジネスにアップグレート済みです。777のスカイスイートⅢ

15,472FOP獲得予定です。

 

2019年はダイヤモンドが目標なのでもう一度2倍キャンペーンが設定できるよう、2018年にクリスタル修行を行なったので5月にもう2セット予約します。

 

minokasagokun.hatenablog.com

 

昨日、3月後半以降が発売されましたね。11時にはほとんど繋がらなかったですが12時過ぎごろから徐々に繋がり5月の修行の予定を何本か入れました。石垣島2往復と那覇往復、羽田ー新千歳ー福岡ー那覇ー羽田など。

先日JAL グローバルウォレットステータスカードで2000FOPプレゼントキャンペーンが発表されましたね。早速申請しました。

残りのFOPは特便割引が発売されたら那覇以外に旅行を兼ねて行こうと思います。

またはキャセイラウンジを堪能しに香港でもと考えております。

 

minokasagokun.hatenablog.com

 

 

 

 

 

2019年JALダイヤモンド修行の始まりです

2019年も始まり今年はFOP2倍キャンペーンに乗ります。

まずは早朝羽田出発で石垣島

f:id:minokasagokun:20190109191545j:image
f:id:minokasagokun:20190109191549j:image

6時35分発です。

Jクラスを空席待ちしましたが種別Sだけで14人もこの便のJクラスに空席待ちがおり、皆さん修行ですか??!!って感じ。

種別S1番だけ当選してました。

石垣島までは偏西風の影響で3時間20分ほどかかります。

f:id:minokasagokun:20190109191932j:image
f:id:minokasagokun:20190109191940j:image

あいにくの雨模様。とはいえ40分の石垣島滞在です。

f:id:minokasagokun:20190109192027j:image

f:id:minokasagokun:20190109192046j:image

気温は20度。雨でも暖かいです。

折り返し同じ機材同じ席で羽田に戻ります。

f:id:minokasagokun:20190109192428j:image

少し遠いですが、富士山が見えます
f:id:minokasagokun:20190109192424j:image

伊豆大島が良く見えます。

f:id:minokasagokun:20190109192539j:image

次の那覇行きまで1時間半ほどあります。

ダイヤモンドプレミアラウンジへ。朝は南ウイングのラウンジを利用しましたが、午後は北ウイングのラウンジに行ってみました。

こちらの方が広いです。

f:id:minokasagokun:20190109192715j:image

さすがダイヤモンドプレミアラウンジ。山崎の12年がありました!
f:id:minokasagokun:20190109192712j:image

約2時間半のフライトで那覇へやってきました。

A &Wでハンバーガーとルートビアというものが気になってたので飲んでみました。

f:id:minokasagokun:20190110003300j:image

わっ!なんか湿布の『サロンパス』の味がする!ネットで調べてみたらやはり皆さんサロンパス味のドリンクって書いてあります。癖になると美味しいとか…しかもおかわり自由で飲み放題…1杯飲み切れませんでした💧

このあと

おなじみポークおにぎり玉子の夕食。

人気なんですね。行列ができてました。

f:id:minokasagokun:20190109193045j:image

20時05分の便で羽田に帰ります。

羽田ー石垣島往復

19980円 ウルトラ先得

FOP1836×2

2倍キャンペーンで7344FOP

羽田ー那覇往復

23180円 先得Jクラス

FOP1672×2

2倍キャンペーンで6688FOP

トータル=43160円  14032FOP

単価=3.075

2倍キャンペーン強烈です。

初回搭乗ボーナスも5000FOP入ります。更に2018年度はJGCプレミアなので3000FOP加算されます。

今月はあと2回この行程で修行してきます。